学校法人矢作学園 ホームページへようこそ

教育方針

  • HOME »
  • 教育方針

day-dodge_200

幼児期(3、4、5歳)の子どもたちに身につけて欲しい事は

文字が読めること?
書けること?
計算ができること?

…これらも必要なことではありますが、幼児期に身につけて欲しい一番の事ではないと思います。

園庭をかけ回り、砂場で遊び、自然とたくさん触れあい、友だちと試行錯誤しながら物を作る…。

そんな日々の園生活の中から、子どもがこれから生きていくための重要な基礎力を培ってくれると思っています。

 

矢作学園では

遊び
から学ぶ園生活

心と体をいっぱい働かせ
充実した園生活

生きる力
を育てる園生活

をキーワードに
『楽しい園生活』
を目指しています。

20IMG_0834_e

保育の中に

自由に継続して遊び込める時間と、その年齢にぜひ身につけてほしい事柄を一斉に行う時間をバランスよく取り組んでいます。

特に大切にしていること

52IMG_1281_e

  • 五感を働かせた実体験・・・(作物の栽培、収穫、お菓子作りやごっこ遊びや、園外見学などを通した様々な体験)を大切にしています。
  • 専門講師によるリズム遊び、鼓笛や体育遊び、スイミング、イングリッシュなどを通し、よりリズム感の育成や丈夫な体づくり、外国語に親しむことに努めています。
  • 昼食は園内で調理し、栄養バランスを考えた食事です。「食育の大切さ」も考えています。楽しい雰囲気の中、皆で食べると野菜や煮物嫌い、牛乳嫌いなどのお子さんも徐々に食べられるようになっていきます。
  • 仕事や用事で忙しいお母さんへの援助や異年齢の友達との触れ合いを大切にしながら、日々の延長保育や長期休み中の預かり保育を行っています。
  • 入園前のお子さんやお母さん方の触れ合いの場として子育て支援活動を行っております。
PAGETOP